民泊の基礎「民泊」って?

住宅(戸建住宅やマンションなどの共同住宅等)の全部又は一部を活用して、旅行者等に宿泊サービスを提供することを指して、「民泊」ということが一般的です。また、我が国においても、近年急増する訪日外国人観光客の多様な宿泊ニーズへの対応や、増加している空き家の有効活用といった地域活性化の観点から、民泊に対する期待が高まっています。

 

一方で、感染症まん延防止等の公衆衛生の確保、地域住民等とのトラブル防止に留意した説明会の実施やルールづくりの必要性が生じます。

 

これらの課題を踏まえ、一定のルールの下、健全な民泊サービスの普及を図る為、平成29年6月に住宅宿泊事業法(平成29年法律第65号)が成立しました。

民泊を行う場合 平成30年6月の住宅宿泊事業法の施行以降は●旅館業法(昭和23年法律第138号)の許可を得る
●国家戦略特区法(平成25年法律第107号)(特区民泊)の認定を得る
●住宅宿泊事業法の届出を行う
の方法から選択することとなります。

こんなお悩みはございませんか?

設備や費用ってどのくらいかかるの?

ご近所の方に迷惑がかからないか心配

民泊に興味はあるが何から始めればいい?

旅館業?特区?新法って何?

民泊合法化の実務を基礎から理解したい

知らないうちに違法営業になっていた!

役所の行政指導が多くビジネスが進まない

法改正後の建築に必要な知識を整理したい

公認不動産コンサルティングマスター資格を持つ
民泊専門の行政書士 ヤマウチ法務事務所へお任せ下さい!

当事務所では長年不動産売買に携わってきた経験に基づき、法令・ノウハウを熟知した行政書士が、諸々の手続について必要に応じて税理士・司法書士など各分野のプロフェッショナルと連携し、民泊営業許可手続きを全面サポート致します。
宅地建物取引士・管理業務主任者など不動産やマンションに精通したスタッフや資金や運用に強いファイナンシャルプランナーなど、様々な資格や 経験を持つスタッフが対応します。

➤代表行政書士紹介はこちら

民泊をこれから始められる方

prstartprstart

大阪市内のお客様を中心に、まずは予定物件が民泊運営可能か調査致します。又、ご希望に添える物件探しもサポート致します。
事前に初期費用や毎月コストをしっかりシュミレーションし、堅実・収益の出る営業方法をご提案します。

詳しくはこちら

既に民泊営業されている方

prrstprrst

大阪市内のお客様を中心に物件の合法化をご提案します。申請のための設備改善等のお見積りもご提示できます。
周辺住民の方々への周知や安全確保の為の表示義務などのサポートもご相談下さいませ。

詳しくはこちら

賃貸物件オーナーの方

prownnerprownner

大阪市内の賃貸物件オーナー様を中心に、空室対策としての民泊の導入をお任せ下さいませ。
オーナー様の経営やニーズに沿う代行業者の選定や、物件の改善箇所、今後の収支予想などを作成、ご提示し、民泊運営をサポートします。

詳しくはこちら

ヤマウチ法務士事務所が選ばれる5つの理由

不動産業の経験を活かし、賃貸相場の確認、不動産購入のサポート、利回りを第一に考えた空き家(空室)の民泊経営へのアドバイスなど不動産運営に関するご相談にトータルな目線で対応できます。

民泊経営に不安な方、他施設や事業を経営をされている方など、業務に際しての民泊管理会社、清掃代行業者のご紹介致します。

司法書士や税理士、建築士などの士業のほか 不動産業者や工務店などとも連携しております。 不動産のことをトータルでサポートできるよう努めております。

宅地建物取引士・管理業務主任者など不動産やマンションに精通したスタッフや資金や運用に強いファイナンシャルプランナーなど、様々な資格や経験を持つスタッフが対応します。

事前に明確な料金プラン・業務完了までの日数のご提示を致します。
サービス内容・報酬額はこちら

PAGE TOP